2014年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2014'05.26 (Mon)

貴船神社(京都府)

140413_1556~01

さて。鞍馬寺の近くにある、こちらもパワースポット。貴船神社。
主祭神は、高龗神。「たかおかみのかみ」と読みます。
水を司る水神で、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の御子神なんだそうです。

140413_1558~01

140413_1616~01

ここも帰ってきてから色々調べたくちなんですけど…何気に「丑の刻参り」のスポットだったんですね…。そ、そんな感じ全然しなかったのに(昼間だしな)
駐車場から神社に行く道沿いにずっと貴船川が流れてて、凄く気持ちいい所でした。
川の音っていいよね…( ´∀`)<イヤサレルー

140413_1602~02

本宮。
貴船神社もパワースポット。…というより、きっとこの辺一体がもうそういう場所なんだろうな。
貴船山は聖なる山と言われてるし。

140413_1611~01

ご神水だそうです。主祭神が水神様だから、効きそうですな。
飲んでこなかったけど(……)

140413_1615~01

龍船閣という、休憩所。
こんな綺麗な木々を見ながら川のせせらぎを聞いてたら、癒されまくりですよね…( ´∀`)
休憩してきなかったけど(……)


kihune_convert_20140417185032.jpg

貴船神社のご朱印。
スポンサーサイト
20:42  |  寺院レポ  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2014'05.23 (Fri)

名古屋21大師めぐり・4年目

さて。先月4月の下旬。恒例の21大師めぐりに行ってきました。
と言っても去年は都合で行けなかったので、2年ぶりです。
いつものように、8時受け付けなので7時半に集合です。
眠い(ザ・恒例)
今回も、お参りしたお寺はこちら。

1番 宝生院  2番 七 寺  3番 萬福寺
4番 延命院  5番 福生院  6番 長久寺
7番 東界寺  8番 常光院  9番 護国院
10番 宝蔵院  11番 宝珠院  12番 弁天寺
13番 弥勒院  14番 喜見寺  15番 地蔵院
16番 笠覆寺  17番 大喜寺  18番 海上寺
19番 金龍寺  20番 龍福寺  21番 興正寺

今回は朝からあいにくの雨……珍しい。
お参りの時は中に入る所もあるんですが、場所によってはそのまま外でお参りする所もあるんですよね。でも今回は雨だったので、ほとんどのお寺を、中で読経しました。
これはこれで、貴重な経験になったかも…!
普段はあまり開ける事もないんだろうなーと思える所もちらほら…(笑) それもそれで面白い。

あと私は19番 金龍寺が好きなんですが、今回は住職さんがそのお寺とか十一面観音の由来とかを話してくれました。
何故だ。以前はそんな事一回もなかったのに…。住職さん変わったのかなあ?
謎でした。話は面白かったです(笑)

ところで…全く関係ないんですが、巡礼が終わった後に大須を歩いてたら、某大徳さんに遭遇しました…。
ちょっと遠くから見つけて、ちょっとずつ近付きながら、こっそり「大徳さんってさあ…オカザえもんに見えるんだよね…」という話をしてたら、思いっ切り振り向かれた。
こ…怖え!あいつ絶対聞いてやがった!(((゚д゚;)))ガクガクブルブル
皆さん、奴に遭遇したら気を付けて下さい…。奴、全部聞いてやがりますよ?(何の話だ)
00:19  |  寺院レポ  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ

2014'05.21 (Wed)

鞍馬寺(京都府)

140413_1352+01_convert_20140414201519.jpg

友人のおすすめで、有名な鞍馬寺に行きました。
牛若丸(源義経)が少年期を過ごした場所で、鞍馬天狗でも知られてます。
本尊は、尊天。
「尊天」とは毘沙門天王、千手観世音菩薩、護法魔王尊の三身一体の本尊なのだそう。

あの、私いつも帰ってきてから詳しく調べるのですっかり失念してましたが、鞍馬寺と言えばかなりのパワースポットでしたね…(笑)
まあ、個人的にはパワースポットというジャンルは余り重要視してないんでいいんですが、確かに行った時はこう…何か圧倒されるモノはありました。どこがどうというより、全体的に。

140413_1353+01_convert_20140414201537.jpg

仁王門。
北野天満宮でも思ったんですが、ここも…なんか違う。
入る前から、圧倒的な何かが…何かね、何かが「完成」されてる雰囲気なんですわ…。

140413_1355+01_convert_20140414201559.jpg 140413_1420+01_convert_20140414201640.jpg

ここもがっつり山寺で、本堂まではかなりある。途中はケーブルカーでも行けるのでいいんですが、その乗り場に行くまででも既にこの状態です(遠い目)
いや、綺麗だけど!階段といい、桜といい、灯篭といい、完璧ですけど!
ケーブルカーに乗らなければ自然満載。途中で神社もあって見所満載ですけど!

迷う事無く、乗り場に直行しました(ヘタレ)


140413_1414+01_convert_20140414201619.jpg

時期的に桜も散り始めてる時だったんですが、鞍馬寺はまだ満開…!
何だったら一番いい時期だったかも。本当に綺麗だった…。

140413_1427~02

金堂。
この本殿の前にある「金剛床」の中心がパワースポットと言われてるそうなんですが、さっきも言った通り、華麗にスルー(笑) 
ちなみにそこに立つと宇宙パワーを感じられるとか…宇宙パワー………………。
この日はたまたま、「花供養」という催し?だったらしく、空手の演舞をしてました。
むしろそっちの方に釘付けっていうね…。

140413_1431~01

ただそのバックで、琴弾き始めてさ…。何か日常を思い出して、若干テンション下がった(笑)

140413_1429~01
140413_1428~01

とはいえ、ここも桜とか梅?桃?とにかく花が咲き乱れてて、本当に綺麗でした。
景色もばっちり。ここはいいなあ…いいお寺だなあ…(うっとり)
花もだけど、とにかく全部が綺麗で清々しい。確かになんらかのパワーがあるのかも。

本当だったら更に奥まで上ると、魔王院という所があるそうです。
護法魔王尊といい、何か陰と陽が入り混じった空間なんですね…。
説明を見てみると、「650年前に金星から舞い降りたとされる魔王尊を祀っている」…
どんだけ宇宙好きなの、ここ(笑)
と思ったら、本尊である「尊天」が「宇宙の大霊、大光明、森羅万象、あるとあらゆるものの根源――宇宙エネルギーであり、真理そのもの」…という説明が……なるほど…。
それでケーブルカーに乗ってる時、放送でずっと「宇宙が宇宙が」言ってたんだな…(笑)

でも、ここは…いいです。また来たい。来よう。

kurama_convert_20140417185103.jpg

鞍馬寺のご朱印。


140413_1522~01

おまけ。鞍馬寺付近で食べた、生湯葉と竹の子ごはんのセット。
ものすっごく美味かった…ものすごく美味かったよ……(よだれだらだら)(拭け)
22:13  |  寺院レポ  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2014'05.20 (Tue)

晴明神社(京都府)

140413_1301+01_convert_20140414201102.jpg

さて、以前名古屋の方もレポしましたが、こちらは京都の晴明神社。本家ですね。
主祭神は、もちろん安倍晴明御霊神。説明がいらないほど有名な陰陽師です。

140413_1301+03_convert_20140414201142.jpg

晴明神社には、これでもかと言わんばかりに関連性のある物があります。
これも陰陽のマーク。太極図とも言います。意味は自分で調べて下さい(おい)

140413_1322+01_convert_20140414201432.jpg

旧・一條戻橋。
.源頼光の四天王の一人、渡辺綱が 鬼女の腕を切り落とした場所として有名です。
安倍晴明公とも縁深い一条戻り橋は堀川に架かっているそうです。

140413_1301+02_convert_20140414201119.jpg

四神門。
四神とは、「東の青竜・南の朱雀・西の白虎・北の玄武」。
東西南北を司る霊獣(神様)です。

140413_1312+03_convert_20140414201414.jpg 140413_1312+01_convert_20140414201337.jpg

なのでちゃんと石柱の上に、その姿が描かれてます。

140413_1302+01_convert_20140414201203.jpg

更に、門には五芒星。安倍晴明と言えば五芒星ですからね。神社のいたる所にあります。
きっと某ねずみの国の隠れミッキー並みにありますよ。是非探してみて下さい(笑)


140413_1303+01_convert_20140414201221.jpg 

本殿。
いやあもう、ここに来るまでが濃過ぎて本殿が霞みます(霞みません。失礼な)

140413_1305+01_convert_20140414201314.jpg 140413_1304+01_convert_20140414201250.jpg

本殿の左には、安倍晴明公像。右には厄除桃。桃は魔除けの果物なんだそうです。
なので「桃太郎」もそれに由来してるんだとか…なるほど…!
みんなに触られまくってて、つるっつるです(笑)

140413_1312+02_convert_20140414201355.jpg

晴明井。
.晴明公が念力により湧出させた井戸だそう。ね…念力で…?;
病気平癒の信仰があり、湧き出す水は現在でも飲めるそうです。

実際まだまだ見所が満載です、この神社は。正直テンション上がります(笑)
是非一度行ってみて下さい。おすすめですよ!(`・ω・´)

seimei_kyouo_convert_20140417185153.jpg

晴明神社のご朱印。
実は以前行った時も頂いて、その時はちゃんと手書きだったのに今回は判子でした…。
ちょっと残念。
19:50  |  寺院レポ  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2014'05.20 (Tue)

北野天満宮(京都府)

140413_1217+01_convert_20140414200401.jpg

北野天満宮。主祭神はご存知、菅原道真公です。
菅原道真公とは、「学者出身の政治家として卓越した手腕を発揮し、異例の出世を重ねられた菅公は、昌泰二年(899)右大臣の要職に任命され、左大臣藤原時平と並んで国家の政務を統括されます。ところが、突如藤原氏の策謀により、昌泰四年(901)大宰権帥に左遷され、そのわずか2年後、大宰府の配所にて波乱の生涯を閉じられました」(公式HPから)
…つまり、めっちゃ頭良くて頑張り屋でいい人だったんだけど、職場の人に裏切られて左遷されてそこで寂しく死んでしまった人…って事です(ざっくり過ぎる)
その後、怨霊になって裏切った人を次々と呪い殺して…という話も有名ですね。
その御霊を鎮める為に作られたのが、北野天満宮です。ざっくり言うと(笑)
頭が凄くいい人なので、学問の神様として慕われているそうです。

上は、楼門。その両脇には

140413_1218+01_convert_20140414200748.jpg 140413_1218+02_convert_20140414200817.jpg

随神像というそうです。
向かって右は豊磐間戸命(とよいわまどのみこと)、向かって左は櫛磐間戸命 (くしいわまどのみこと)だとか…初めて聞いたなあ。

140413_1216~01

北野天満宮には、あちらこちらに牛の像があります。
これは、ここが「北野の天神さま」と呼ばれてて、牛は天神の使いという事。
それと菅原道真公が丑年だった事から、牛の像が沢山あるんだそうです。

140413_1222+01_convert_20140414200930.jpg

三光門。
…しかし北野天満宮は初めて行ったんですが…何と言うか、こう…かなり立派ですね。
立派というか、重厚感が凄いというか…。

140413_1223+02_convert_20140414201040.jpg

拝殿。
パッと見、派手そうな印象があったんですけど、それよりも厳かな空気が強い。
何だろう…。私の中で厳か、かつ特別な落ち着きを感じる寺院って、橘寺と叡福寺なんですけど、結構その部類に入るかも…。これはもう、完全な個人の感覚なので説明のしようがないんですが(笑)
とにかくアレです。心の別格ゾーン入りです(どういう意味だ)
また行きます。

kitano_convert_20140417185048.jpg

北野天満宮のご朱印。
19:11  |  寺院レポ  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。