2010年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2010'08.30 (Mon)

白毫寺(奈良県)

奈良県にある白毫寺というお寺に来ました。
こちらにも閻魔像があるという事を聞いてたのでウッキウキ!(きもい)

他のお寺周った後だったので、拝観時間ギリギリの4時半に到着。
基本的に寺院は5時までだから、毎回焦ります(笑)


……で。
いざ到着したら

100823_1701_02.jpg

……。
の、昇りますよ!?ここまで来たんだから昇ったるわい!
よっしゃー昇ったあ!




100823_1659_01.jpg

第二弾。

……大丈夫!ほら、上にもう門が見えてるしあと少し!
ちなみにこのお寺は、別名「花の寺」と呼ばれるほど沢山の花が見られるそうです。
うわー楽しみ!

うん、今の時期はほとんど咲いてなかったけど!

よっしゃー昇ったあああああああ!!







100823_1658_01.jpg

どういう事だよ……

なんでそんなに木が茂ってるんだよ……。
花は…花はどこなんだよ……。

ああんもう!
閻魔に会いたい!!!



100823_1646_01.jpg

本堂。本尊は阿弥陀如来です。

ああ…一日の最後にとんだ重労働だった(違)
ぜえぜえ言ってる所を、入り口にいたおばちゃんに「うんうん大変でしょうこのお寺うふふ」みたいに言われたような……ええ、勿論幻聴ですよ。


でも、山の中のお寺は木が沢山で、物凄く落ち着きます。
人も居ないしこじんまりしてるし、超好み……!!

100823_1646_02.jpg

不動明王像。

100823_1648_01.jpg

十王地蔵。
十王地蔵って…あの十王と関係あるのか??
確かに閻魔は十王の一人で地蔵菩薩と同一だけど……気になる…!


100823_1656_02.jpg

100823_1648_03.jpg

宝蔵。
こちら、残念ながら中の仏像は撮影禁止なので閻魔のイラストだけ(笑)


でも……

ここの宝蔵、すっごい……!!

「閻魔王坐像」だけでもテンション上がるのに、

「司命半跏像」
「司録半跏像」

司命・司録といえば、閻魔の従者。
ちゃんと閻魔の左右に安置されてます。

「太山王坐像」まで……!!
滅多にないよ、あんな立派な太山府君像…!
ちゃんと閻魔と同じ冠をしてました。

ここ、写真は撮れないけど、すっごく近くで見れます。
すっごい、もう間近まで寄れます。
結構な大きさだし、凄い迫力ですよ……。


あああ……満足。いいもん見れた…(めっちゃ良い笑顔)
つき合わせてしまったK姉ちゃんには、あんな沢山階段昇らせて申し訳ない;(笑)
いつも付き合ってくれてありがとう!

ちなみにこのお寺は少し高い所にあるので、とても見晴らしが良いです。
今度は是非、何か咲いてる時に来たい(笑)



おまけ。

100823_1702_01.jpg

覗いたら、中に
洗面器が置いてありました

ちょ……惚れる……。


100826_1316_01.jpg

白毫寺のご朱印。
スポンサーサイト
11:58  |  寺院レポ  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2010'08.30 (Mon)

壬生寺(京都府)

100823_1426_02.jpg

夏の逆光ハンパねえ…(遠い目)

こちらは京都にある壬生寺です。
本尊は延命地蔵菩薩。
え、写真が暗くてよく見えない?

心の目で見ろ(ズギャン!)

100823_1410_01.jpg

本堂。斜めになってるとか気にしちゃいけない。

先ほど本尊は地蔵菩薩と言いましたが、なんていうかこちらのお寺…地蔵まみれ。
千体仏塔という、明治時代、京都市の区画整理の際に各地から集められた石仏が1000体並んでる塔があるんです……すげえ!

それがこちらです!

100823_1411_01.jpg

夏の逆光恐るべし。
なんも見えねえ!(泣)

ただし空の配色がやたらアーティスティック!

100823_1416_01.jpg

要はこんな感じなんです(笑)
こちらも同じような感じで、確かどこかの国の石仏が並んでるようです。
……多分(ごめん。超うろ覚え)(お前)


で。

100823_1422_01.jpg

こちらは、新撰組のゆかりの寺なんだそうです。
行事として壬生狂言が有名で、境内には「壬生塚」があります。

100823_1418_01.jpg

入ってすぐの所にある池に、龍神像。

100823_1421_02.jpg

新選組隊士慰霊塔。

100823_1419_01.jpg

近藤勇の胸像。
この横には絵馬が沢山かけられてました。
新撰組はやっぱりファンが多いんですねえ。


そんな壬生塚の中に

100823_1421_01.jpg

万葉集で知られる柿本人麻呂の灰塚・人丸塚。
なんで?(笑)


思ったより広くて色々見応えのあるお寺でした。
新撰組に興味ある方は是非。


100826_1316_02.jpg

壬生寺のご朱印。
11:08  |  寺院レポ  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2010'08.30 (Mon)

弱虫

何かと賛否両論のある、夏の恒例企画番組。
私はそんな高尚な知識もないし専門的な反論はぜーんぜん出来ないから、こういうのを偽善だとも思えない弱虫だけど。

別にいいじゃん、と思います。

こういう番組を見て、大きく人生に影響する人も一人くらいはいるでしょう。
自分が知らないだけで、どこかにこういうのを必要としてる人もいるかもしれない。

偽善だって裏が汚くたって意味がないように思えたって
プラスになる事だって確かにあると思う。
色んな意見があるけど、それが無駄になるかどうかは人それぞれだからさ。
無駄だと思うなら無駄で終わらせないように自分が動いたらいい。
無駄=悪だと思うのならね。



はるなさんも、私は好きです。

ゴールでお母さんと会ったのを見て、私はお母さんに会いたくなりました。

またお母さんと、頑張ってご飯食べに行きたくなりました。

長生きして欲しいなあと思いました。

それが私の、素直な感想。
10:22  |  日記  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2010'08.28 (Sat)

自由きまま

どんだけ寺載っけるんだよ
(中間ツッコミ)
(中間というからにはまだありますよ!)
(ええええ……)


自由きままにも程がある(笑)
知るかい。俺のブログじゃ。俺が楽しいブログにするんじゃーい!!


……しかし何でこんな寺好きになったかなあ(笑)
きっかけは確かに漫画なんだけど、何気なくご朱印を集めてみようと思ってから関係なく楽しくなってきちゃったね。
個人的には大きい有名な所より、ちょっとこじんまりとした所の方がのんびりしてて好きなようです。基本的にマニアックなマイナー嗜好だし。大きいお寺ももちろん好きですけど。

ただでさえ普段からなーんも考えないで生きてるってのに、まだのんびりする気か(笑)
それだけ歳を取ったという事ですね、きっと(違うと思うぞ)
14:42  |  日記  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2010'08.28 (Sat)

六角堂(頂法寺)(京都府)

100823_1330_01.jpg
100823_1330_02.jpg

京都の町の中。ビルの間にこっそりとあるここは、頂法寺。
通称六角堂といいます。
本尊は如意輪観音像です。

六角堂という名の通り、本堂を上から見ると六角形になってます。


100823_1331_01.jpg 100823_1341_01.jpg


このお寺は、聖徳太子と小野妹子に由来のあるお寺です。

100823_1337_02.jpg

こちらは太子堂。
太子堂の隣りには

100823_1338_01.jpg

こんな感じの池があります。

この池は、聖徳太子が四天王寺を建てる為の用材を求めてこの地を訪れた時に、水浴をした池なのだそうです。
その時、傍らの木に衣服とともに持仏の如意輪観音像を収めた箱を掛けておいたところ、如意輪観音像が重くなり動かなくなってしまった。それで観音像を現在地に安置し、近くにあった杉の巨木を伐採して六角形の堂を建立したのがこの寺の始まり。


そして太子が亡くなる時、小野妹子にこの寺を護るようにお願いしたんです。


このお寺の隣りには、華道家元の池坊があります。
それにはちゃんと理由があって、小野妹子がこの寺に来て僧侶になってから毎日朝晩、池のほとりで花を生けて亡くなった太子を祈っていた。
それで妹子は「池坊」と呼ばれるようになり、それが生け花の始まりとなった。

つまりここは、生け花発祥の地であり、小野妹子はその始祖という訳です。


ゆず味も生け花は全然しないし小野妹子といえば遣隋使としか知らなかったので、最初知った時は凄い意外でした。
小野妹子と小野小町が血族だったり、妹子が太子の従兄弟の子という話があったり、何かと意外で面白い。
この辺のマニアックな所に食い付く自分もどうかと思いますが(笑)、ゆず味はこの辺の飛鳥時代が何だか好きなんです。


100826_1317_01.jpg

六角堂(頂法寺)のご朱印。
14:06  |  寺院レポ  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。