2009年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2009'09.22 (Tue)

入鹿首塚(奈良・明日香村)

090824_1514~01

さて。
飛鳥寺の敷地内にこんな札があります。

蘇我入鹿。

乙巳の変で暗殺された、蘇我馬子の孫に当たる人物です。

飛鳥寺から出ると

090824_1515~01

一面に開けた土地の奥に

090824_1516~01

首塚がありました。

飛鳥板蓋宮という所で暗殺され、その時刎ねた首がここまで飛んできたと言われています。


蘇我入鹿というと粗暴な人物で歴史の中でも悪役のイメージがあるけど、実際はそうでもないという説がある。

乙巳の変で入鹿を暗殺したのは中臣鎌足。
この辺の史実が書かれているのは、あの日本書紀であり、日本書紀が書かれたのは藤原不比等が実権を握っていた時代。

藤原不比等は中臣鎌足の息子。

だとしたら本来どういう思惑があっても、父親を悪くは書かないでしょう。

蘇我入鹿も実際には非常に優れた政治家だったそうです。
蘇我を大きくしようとして山背大兄王を滅ぼした入鹿。
クーデターを起こして入鹿を暗殺した中大兄皇子と中臣鎌足。
後に有間皇子にクーデターを起こされそうになって、処刑したという説がある中大兄皇子。
それを思うとゆず味は、何だかいつもモヤッとするのです。

やってる事一緒じゃん、と。

歴史なんてそんなものです。

090824_1518~01

こんなささやかな塚。
馬子さんの墓(石舞台古墳)はあんなに派手なのにねえ。

090824_1518~02

入鹿さんの首塚が馬子さんの建てたお寺の近くにある。
ちょっとだけ「良かったねえ」と思うのです。
スポンサーサイト
22:42  |  寺院レポ  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2009'09.22 (Tue)

飛鳥寺(奈良・明日香村)

090824_1502~01

橘寺の後、飛鳥寺にも行ってきました。
こちらは蘇我馬子が物部守屋との戦いに勝利したら仏寺を建立することを誓い、無事勝利して建てた日本最古の本格的寺院だそうです。

090824_1513~01

安居院。見切れ過ぎだろう(遠い目)


安居院の中には、最古の飛鳥大仏が安置されてます。

090824_1506~01

第一印象。
「顔でかくないですか?」(罰当たり!)

だってホントにでかいし長(自粛)(遅いわ)

それはさておき(笑)
この大仏さまの前に「仏舎利」という物があるのですが、これは信心深い仏教徒の前にのみ現れるありがたいアイテムだそうです(アイテムって)

が。

馬子さんはこれを鉄槌で思い切りぶっ叩いたそうです。

「鉄槌でも砕けないとは、本物に違いない」という事を言いたかったらしいのですが、そもそもそんな有り難いものを鉄槌でぶったたくなよ(遠い目)

流石は大豪族です(違うと思います)


そしてこの大仏さまの横には小さめの「太子像」があります。

090824_1507~01

これは、用明天皇の病気回復を祈願してる、16歳の太子だそうです。
用明天皇とは聖徳太子のお父さんで、非常に体が弱い方だったそうです。
天皇に即位してから二年で亡くなってしまいます。
それを期に、「蘇我・物部の戦い」が始まった。

兄弟の中でも、太子を一番可愛がっていたそうです。



……この辺は一時期嵌って、よく調べてたから変に詳しい。
戦国時代より飛鳥時代の方が好きなゆず味です(何故)


090901_1037~01

飛鳥寺のご朱印。
22:00  |  寺院レポ  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2009'09.22 (Tue)

橘寺(奈良・明日香村)

090824_1434~01

これ以上晴れてる日はないだろうと言いたくなるようなクソ暑い夏の日に、橘寺に行ってきました。だれもこんなに晴れろとは言ってない(朦朧)

こちらは、聖徳太子が生まれたらしいという地です。
実際この寺で生まれた訳じゃないらしいですが。
以前この地に欽明天皇の別宮があって、聖徳太子のお母さんの穴穂部間人皇女が廐戸の前で産気づいたとか何とか。

090824_1437~01

逆光が良い感じ(満足気)

この馬は「黒駒」といって、甲斐から太子に献上された名馬だったそうです。
ちなみにこの馬を世話してたのは調子丸(調子麻呂)という舎人です。

090824_1438~01

……影が残念な感じ(しょぼん)


橘寺はすっごく落ち着くお寺でした……なんでだろう。
前に太子のお墓があるお寺にも行ったんですが、そこと同じ雰囲気を感じました。
なんだろう……世間と全く違う空間、みたいな(分かりにくい)

厳かと言えばそうかもしれない。

というか、明日香村自体が現代じゃないみたいでした。
すごくすごく綺麗でした……。

また行きたい。


090901_1038~01

橘寺のご朱印。
21:30  |  寺院レポ  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2009'09.20 (Sun)

「何で」って……

ゆず味が「チュートリアルの福田さんが好きなんだー」というと、たまにこう聞かれます。

「何で徳井じゃないの?」

………………。
いや、何でって……。
というか、何で「チュート好き=徳井好き」だと思うんだよ。

まあ、徳井さんの方が前面に出てるから分かるんですけどね。
もちろん徳井さんも好きですよ。これは本当に。
芸人さんって色んなタイプの方がいるから、徳井さんは「笑いを作るのが上手い芸人さん」だと思ってます。それこそ天才的に。
何となくですが、ダウンタウンの松本さんとかたけしさんとかと似てると思ってる。

ふくちゃんはそういう才能は無いと、本人で言ってるのです。
ネタも作った事ないしね。
だからどちらかというと、その場のしゃべりや盛り上げを頑張ってると思います。
実際、ふくちゃんの司会は上手いと思います。
ひな壇からガヤを入れて盛り上げる事も、決して手を抜きません。
徳井さんはこの二つは勿論ちゃんと出来るけど、どちらかというと苦手らしいです。自分でも言ってたし。

ゆず味はそういう、地道に頑張る人が好きなんです。


ふくちゃんはとてもネガティブな性格で人付き合いも苦手だし、酒飲みだし不養生だし姿勢も悪いし猫背だし体力もないけど(厄介なとこばっかやん/笑)
緊張してる出演者や素人さんに「そんなに緊張しんでも大丈夫やでー」「リラックスしいや」って、絶対声かけてあげたり。
相方の徳井さんを絶対悪く言わないで、常に一歩引いて立ててあげてる所とか。

そういう、彼の人間性が好きなんです……。


一度ね、チュートを見る機会があったらふくちゃんをよく見てみて下さい。

めっちゃにこにこしながら徳井見てますから(笑)

ふくちゃんは徳井さん大好きなんです。
「徳井が死んだら芸人止める」
「芸人になりたかったというより、徳井と何かやりたかった」
そう言う人なんです。

そんなふくちゃんが好きなんです。



まあ、あと強いて言うならゆず味は
外見がかっこいい人に興味ないんです(それって)

いや。可愛い人が好きなんですよ(笑)
可愛くてちょっと駄目な人(それって)


あー可愛い!!
18:06  |  芸人さん語り  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2009'09.20 (Sun)

公民館祭り

そんなに晴れんでもええやろ……と黄昏れたくなるような天気の中、地元の公民館祭りに参加してきました。あーもうあっつい!(ガシャン!)


地元の公民館とか、余り馴染みがない人も居るでしょうねー。
ゆず味は昔からおかんが琴のクラブをやってるので、毎回参加しとります。
今は地元も二箇所クラブに携わってるので、発表も二回。
今年は

「少年時代」
「いつも何度でも」

でした。


まあまあ出来たと思います。
いやほら、もうね、自分が間違えたのはもうホントすみません(土下座)
全体的には止まらず上手くやれたので大成功だと思います。
琴でポップス曲ってのは割りと厄介なんですよ、ホントは。
でも楽しいからつい選曲してまうんですが(やっほー迷惑!)
皆さん、頑張ってくれてありがとうございました(*´д`*)


えーと……これでちょっと一区切りしたから、少し気が楽になった。
次は10月下旬にまたちょっとあるな。
七夕の時にやった極だから、まあまあ気が楽(笑)
一応頑張ります(一応って)
13:15  |  筝曲関係  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。